スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防音室「ライトルーム」使ってみた動画を作ってみた。

Category : 続・ガソリンのMy機材紹介

ひと通り使用してみたので、動画を作ってみました。
コストパフォーマンス良好で結果的には満足できる商品でした。
1つだけ誤算だったのはこの防音室、
なんと底が無いじゃないか!
階下への防音も狙っていたのでこれは予想外!!
ひとまず遮音シートを敷き、余ってる毛布や布を上に敷き詰め、さらに座布団を敷き詰めなんとか階下への防音対策を応急処置www
中は結構広いのでお好みのコーディネートが楽しめます。
それと予想はつくと思いますが中はとても暑くなります、気合です!www
それでは皆さんも良いボイトレライフを…


スポンサーサイト

テーマ : レッスン日記
ジャンル : 音楽

簡易防音室比較・選び方→いざ導入【自作か?購入か?レンタルか?】

Category : 続・ガソリンのMy機材紹介
ついに購入してしまいました、組み立て式防音ルーム!!
まず購入するに至った動機というのが、
機材だけをいくら揃えても全力を出し切れない。
つまり、録音やニコ生30分や1時間の為に機材をパワーアップさせていく前に、日々のスケジュールでより多くの時間をかける発声練習や歌唱練習にかける沢山の時間を快適に全力でこなすべきである!
という事に最近やっと気づいた…、とにかく必要なのが全力で声を出せる時間、24時間声を出せればベスト!
練習できる時間が多ければ多いほど上達の近道になるはず。


さぁ、長い説明が始まりますが面倒臭いという方の為にまずは結論から、今回私が選んだ防音室はコチラになります↓「ライトルーム」


①防音室はそもそも必要なのか?
まず防音関係ってのは激しくお金がかかります、そもそも主な使用用途がボイストレーニングなので30dbとか40db落とせるような本格的な物は不要です、そこそこのスペースと程良い遮音性で十分なのです。
というか本格的なヤマハのアビテックス等は高すぎて手が出せない…
レンタルシステム等もあるようですが、長期間ガッツリ使用したい私としては長い目で見るとあまりメリットを感じられないのでレンタルは最初に除外。

まずは番外編、安い物から探して最も最初に目をつけたのはコレ↓

「一人deカラオケ」

なんとも胡散臭いこのアイテム、カップ部分に口を押し当てて歌えば静かに歌の練習が出来て歌声にエコーが掛かって聞こえるという素晴らしい商品じゃないですか!
うん、アイデアも価格も最高だよね。
詳細スペックとかメーカー表記がないとこからどう見ても中国製、とても歌声を掻き消せるとは思えないミュート部分、間違いなく息苦しくジメジメしてちゃんとした発声の妨げになりそう!
歌の上達には自分の声をきちんとモニターすることが欠かせないので、ちょっとこの商品を長い時間共にする練習パートナーにするには不安です。
やはりそれなりな設備が必要みたいなので今回はパスで( ;∀;)



②金がないなら自分で作ってしまえ!
次に考えたのは誰もが一度は考えるであろう道、自作防音室!
ネットで検索してみると結構な人数の方が自作してるようで、まずは5・6時間かけてじっくりリサーチ、
かなり費用を抑えつつもそれなりの物ができそうな構成がまとまったのでいざ自作にチャレンジ!

番組の撮影等のセットの骨組みに使われることもあるというお手頃かつ丈夫な1畳サイズの格子ラティス両面に遮音材・吸音材と貼り付ける作戦に全てを賭ける!!


数日後、4枚を部屋に運び箱状にした時点でDIY素人な俺は気づいてしまった、防音に置いて一番大事な隙間を無くすという事がとても難しいことに…(ドアの蝶番で繋げた角の部分とか)
もし完成させても思い通りの防音効果は望めなさそうなのと、バラさない限り間違いなく部屋から出せなくなるのも確定。
今ならまだ被害は最小と判断し、分解し格子ラティス本来の使い道であるガーデニングの仕切りとして使用することに(笑)
自作は構成から組立てまでそれなりに自信のある方じゃないとなかなかに難易度が高いため挫折、いや最低限それなりのは出来そうだったんだけど、予想外にデカくなり手軽に部屋から出せないのが気に入らなかったんだからね( ;∀;)


③こうなったら出来る限りコストパフォーマンス重視の完成品だ!
調べてみたらお手軽な価格で組み立て式の簡易防音ルームが結構出てるんです。
何商品か比較してあまりボーカル向けじゃなさそうなモデルを外していき最後に残った候補がこの2つ!
「VERY-Q ベリーク ボーカル録音セット」


「LightRoom ライトルーム Sサイズ」


スペック比較
           VERY-Q ← VS → lightroom
壁(吸音材)厚さ  5センチ      3センチ
床防音       無し        有り
デザイン      無骨        部屋に馴染む
価格         どちらも送料込み10万ちょっと
防音性能 -20db(検証ブログ情報、現時点で他に詳しい情報無し)  -15db(高音に強いらしく目覚まし時計のベルはジャスト-40db下げてる)

こんな感じです。
さぁここからは完全に好みの問題です、以下私がライトルームを選択した理由↓

① 壁の布地がソファーに使う生地なので、秘密の隠れ家気分で落ち着けそう
約0,5畳のスペースに長時間入る訳ですので、やはり無骨なデザインより落ち着けるデザインのほうがいいです、それとトータル面積は同じくらいでも台形になってる分、長方形より下のほうが広い為座った際に快適!

②実際に動画で防音効果の検証が上がってたのが決めて!
こういうの作ってる各社はもう少しその辺のプロモーション上手くやれば確実にもっと売れると思う、安い買い物じゃないし文字と写真だけじゃどれくらいの効果なのか判断に悩むからこそ映像と音声情報は必須。

③階下の防音も重視したい!
どのみち防音防振マットは床に1枚挟む予定ですが、それなら最初から床がついてるライトルームに軍配が上がる。

④ 組み立て方が楽
防音においてかなり重要なのは隙間を無くす、ということどれだけいい素材でも隙間があれば台無しになります。
ベリークのジョイント部分がマジックテープ式なのに対してライトルームはファスナー式になっている。
こういう商品を選ぶからには当然部屋や家からの持ち運びということも想定することになる、組み立てる際に壁と壁をマジックテープ1本で止めるだけでは上手いこと隙間が出来ないように組み立てる必要がある為、急いだり適当に組んだ場合防音室のクオリティに関わることになる、だが壁と壁を合わせてファスナーを締める場合なら毎回ブレることがない安定した組立クオリティを確保できる。


以上、購入までに悩むのがとても楽しい商品でした、到着後、動画も駆使してガッツリレビューしますのでご期待下さい、どちらも素敵な商品なので防音室を検討してる皆さんもいい意味で沢山悩んでください!!

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

メガネっ子に激朗報【メガロックを使ってみた】

Category : 続・ガソリンのMy機材紹介
どうも、ガソリン・ジョースターです。
今日はなんともロックなアイテム、「メガロック」を実践してみることにしよう。
皆メガネは好きか?
俺は嫌いだ、小5より急激に視力が落ち始め10代後半には両目ともに0.1で安定した為、裸眼だと20センチ以上離れたら全てがぼやけて日常生活が送れないレベルなのだ。
終日強制メガネっ子なので嫌いと言いつつも無くてはならない友なのである。
快適なメガネライフを送る一番大事なポイントは「何も起きない」ということだ、私は普段3本のメガネを使い分けているのだがメタルフレームだと数時間に一度クイッと上げるくらいで快適なのに対しセルフレームだと鼻当てが合わないのか、耳にかけるつるの部分が合わないのか俺の顔が悪いのか、どうも20分に一度下がってくるではないか、気にならない人は気にならないかもしれないが1時間に3回もメガネが下がりその都度指でクイッと上げるのは私の場合大変ストレスである。
そして何かいい方法はないかと探してたらメガロックにたどり着いた。
メガロックとはメガネのツルに装着するシリコン製のパーツ!

慣れるまでは窮屈で落ち着かないが装着位置を自分に合った位置に微調整できるので1日付けていればすぐに慣れる、シリコン製なので耐久力は分からないが装着感は悪くない^w^


激しい運動をしても、メタルを聞きながら頭を振り回してもほとんどずれることが無くなりとても快適なメガネライフを送ることが出来るようになった!メガネのズレに悩む人には、はじめて逆上がりが出来た時くらいの衝撃を受ける本当に必須級のアイテムだった、いい買い物したぜ!!


テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

最近高性能化してきたLEDプロジェクターをレビューしてみた【BenQ Joybee GP2】

Category : 続・ガソリンのMy機材紹介
ボンジュールにちは、今日はマイナーだけど好きな人は大好きなプロジェクター特集です。
はるか昔、2007年くらいにもBenQのプロジェクター買ってるんだけど2年くらいで使わなくなってしまった、なぜ使用しなくなったのか改めて考えてみたい。

従来のプロジェクターを使用しなくなった原因考察
1 冬は暖かくていいが夏は部屋でストーブを焚くレベルに厚い上に窓を開けたり冷房を入れると風でスクリーンがフワフワ舞うので快適に使用が出来ない。
2 アメ車の用に燃費が悪く凄い電力を消費するのでお財布に厳しい。(確か300Wくらい)
3 3.5キロ程ありとてもゴツイのでチョットでもズレたり部屋の模様替えをすると、スクリーンに対するベストポジションへの調整が面倒になる。
4 ランニングコストが鬼、映像を投影するランプが曲者でわずか2~3000時間しか寿命がないくせに交換コストが3万以上したりするので、毎日数時間使用するとあっという間に寿命が来てしまう。ガッツリ使うと確実に2年持たない。

等の理由から手放してしまったプロジェクターだがここ数年でLEDプロジェクターと言うものが登場しかなり実用レベルになってきてるとの噂を耳にしたので再びプロジェクターのある生活もいいかな、と思い考えてみた。

実際に使ってみて
1 冬は暖かくていいが夏は部屋でストーブを焚くレベルに厚い上に窓を開けたり冷房を入れると風でスクリーンがフワフワ舞うので快適に使用が出来ない。
↑ あからさまに部屋の温度が上昇していくのがわかり爆音だった冷却ファンの旧モデルに比べ、相当に発熱が抑えられ、冷却ファンもノートPCのファンが全力で回ってるくらいのかわいさに。合格!!

2 アメ車の用に燃費が悪く凄い電力を消費するのでお財布に厳しい。(確か300Wくらい)
↑ まさかの消費電力45W!古い液晶モニター1枚分程度の低燃費!大満足!!

3 3.5キロ程ありとてもゴツイのでチョットでもズレたり部屋の模様替えをすると、スクリーンに対するベストポジションへの調整が面倒になる。↓

凄い手のひらサイズに重量500g!
三脚穴があるので適当な三脚に装着すれば水平角度も垂直角度も一瞬で調整可能、一瞬で天井投影ができたのには感動、色味も、木の壁や黒板用等のプリセットから選択すれば白い壁以外でも一瞬で絶妙な色味に!凄く軽い為ちゃんとした設備がなくても工夫すれば夢の天井吊り下げ式も簡単にできる!大満足!!!

4 ランニングコストが鬼
↑ LEDなので寿命4万時間、12倍です、余裕で10年持ちますハイ。驚愕!!!


スクリーンは今噂のニトリの遮光ロールスクリーンの裏側を使います。(180センチ+90センチ)
ホームセンターの安いドリルで天井に穴を開けネジで固定。


ここでトラブル発生!
以前のモデルは部屋(8畳)の端から端で丁度120インチほどになり調度良かったので今回もその感覚で取り付け工事をしたところ、今回は1メートルで40インチの超単焦点モデルのようで同じようなセッティングだとまさかの140インチくらいに…。
黙ってスクリーンを全て取り外し部屋の奥から50センチ程近づけた位置に再度装着( ;∀;)


さぁ200ルーメンの実力や如何に!?
完全にカーテン閉めきった部屋なら以前の1200ルーメンのモデルと変わらない高画質ではないか!(さすがに明るい部屋だと一気に映像が薄くなるので注意)


いい忘れたが接続端子も凄い、iPhone、ノーパソ、SDカード直、USBメモリ直、ゲームやDVDプレイヤー等昔からお馴染みの物まであらゆる物を接続し巨大に映しだしてくれるので今ではベッドに入り眠りに落ちるまでの良き友達になりました。あまりにも満足過ぎる買い物に目からウロコでござる。
皆さんにもヴェルタースオリジナルのような良き関係のプロジェクターライフを…
BenQ DLP LEDミニプロジェクター GP2が型落ちモデルのためAmazonで激安セール中

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

【最強コスパ】用途別ヘッドホンのすすめ Part1【完全版】

Category : 続・ガソリンのMy機材紹介
やぁみんな!
最近ヘッドホンの使用用途がかなり安定してきたのでまとめて紹介したいと思う。
オーバヘッド型とインナーイヤー型とフック型を上手く使いまわしているので是非参考にして頂きたい。

まずは超絶万能優等生のコイツ
Panasonic RP-HJE700-K


ガソリンが一番長く使用している耳栓型イヤホン。
音の解像度が高めで低音・中音・高音と満遍なくクリアでキラキラしたサウンドを鳴らしてくれる。あえていうならかすかに高音が強めだろうか。
クリアでフラットなので低音ドンドンが好きな人には地味に聞こえるかもしれないがその音の明瞭さから音楽だけでなくボイスにも強い、そんな訳で最近ではもっぱらスカイプでのトークに使用がメインになってきている。
すでにこれ1本で全ての用途で問題なく快適に使用できるのだが、そこは突っ込んだら負けなのだ!!
音質    ★★★★☆ ←音の良さ、ボヤけたり割れたりしないか
音の楽しさ ★★☆☆☆ ←音のノリノリさ
装着感   ★★★☆☆ ←長時間着けていられるか
コスパ   ★★★☆☆ ←値段に対してのお得さ



さて、次に使用頻度が高いはコイツかな
Victor HP-AL600



基本的にガソリンは頭に何か乗せるのと、耳に何か入れるのが嫌なので耳かけ型ヘッドホンが多い。
メガネっ娘なので耳にかけるのはまったく違和感を感じずに長時間快適に着けていられるのだ。
メガネに耳かけ型こそ耳に2重にフックが掛かって邪魔では?と思う人もいるかもしれないが、メガネっ娘こそ耳かけ型ヘッドホンなのだ!
コツを覚えればまったく邪魔にならずに48時間掛け続けていることも可能なのだ。
一つだけ注意しておきたいのが、この耳かけ型ヘッドホンのジャンルは構造上デザイン重視なアイテムが多く音漏れがひどかったり低音がスカスカだったり音質的にイマイチな物が大半となっている。
だがこのHP-AL600は当然高級なモデルには劣るものの、3000円という低価格においては全音域無理なく伸びやかなサウンドを奏でるかなり満足のいく音質となっている、特筆すべき点はこのタイプには付き物な音漏れが抑えらる構造になっていて、ガソリンは長時間装着の快適さから主にニコニコ生放送で使用している。
音質    ★★★☆☆ ←音の良さ、ボヤけたり割れたりしないか
音の楽しさ ★★☆☆☆ ←音のノリノリさ
装着感   ★★★★★ ←長時間着けていられるか
コスパ   ★★★★☆ ←値段に対してのお得さ


お次はコレ
KOSS KSC75


最近購入して衝撃を受けた一品、多分2万円のヘッドホンと言われ音を聞かされたら絶対に分からない人がいそうなレベルの1000円台ヘッドホン、USA製だけにまさにアメ車のような作りになっていて、とにかくいい音を出すドライバーを何の変哲もないスポンジで包んだだけのスカシカシパンのようなデザインの本体に、手荒に扱えばすぐに破損・断線しそうな作り、だがそこがいい!
特徴としては低音強調系で僅かにボーカルが引っ込み気味、低音のパワーは耳掛け型においては間違いなく最強だろう。
特別解像度が高いわけではないのだが1000円台とは思えない音の解像度で基本的に全音域クッキリ聞かせてくれる。2万クラスのモニターヘッドホンでひたすら分析的なサウンドを聞いた後にコレで聞くと負けてないぞ!というくらい楽しい音をきかせてくれる名機、価格が価格なのでまずは騙されたと思って1本買うべし。
装着感も申し分なく、国産の耳掛け型には劣るが10時間単位で着けてられそうな快適さもポイントだ。
注意点としては音漏れを防ぐ気が皆無なので簡易スピーカーになりそうなくらいだ、それととりあえず見た目がダサい上に作りが安っぽい。
多少のデメリットはあるものの、ガソリン宅でも音楽を楽しくリスニングするのに大活躍中だ。

音質    ★★★☆☆ ←音の良さ、ボヤけたり割れたりしないか
音の楽しさ ★★★★★ ←音のノリノリさ
装着感   ★★★★☆ ←長時間着けていられるか
コスパ   ★★★★★ ←値段に対してのお得さ


さてPart1はここまで!
今回はコストパフォーマンス重視な安くて良い物をがテーマでございます。
次回Part2はちょっぴり高級なモデルを紹介していくのでご期待ください。

テーマ : デジタル家電・AV機器
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

勇者ガソリン

Author:勇者ガソリン
メモ帳代わりに色々なお得情報を記録していきます!

メニュー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最近のつぶやき
検索フォーム
魂の相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセス数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。